やらなくていいことをやらない為に

 最近の関心事項を大雑把に表現するなら、表題の通りになる。

 とにもかくにも、われわれは時間に追われている。ビジネスの世界では生産性向上が叫ばれ、一方プライベートの時間は圧倒的に少ない。 現代はなぜだかこんな世界になってしまっていて、人っ子一人がどうこうできる問題でもない。

 片麻痺患者、またその他身体的精神的障害を抱えている人であれば、時間はなおさら足りないである。

時間が足りない

 私は片麻痺を抱えつつもそれなりに長い期間(6年半)、一人暮らしをしてきた。 そのうちの6年間は学生だったけれど、それなりに生活はできていた。 買い物も特に不自由はしなかったし、炊事はともかく掃除洗濯も健常者と同じような手順で、人並みに行えていた。

 就職して以降、自分が人並みに一人暮らしをできていたのは、人より多目に私的な時間を持てたからということに気付かされた。

 確かに、私は学生時代アルバイトをほとんどしていなかったし、サークル活動をはじめとする外部活動、また飲み会に代表される人付き合い をさほど活発に行っていたわけではない。

洗濯物を畳むのをやめた

 先月、洗濯物を畳むのをやめた。 基本的に洗濯物はハンガーにかけっぱなしにし、下着のたぐいを仕舞う際も畳まずそのまま箪笥に突っ込む。

 なんといい加減な。私も長い間そう思ってきた。

 しかし先述の通り、私たちには時間がない。 私は洗濯物を畳むにしても、人の二倍ほどの時間はかかる。 また、畳み方を整えることも難しい。折り目をきっちりつけて畳むなど至難の業である。 そこで考えた。そんなに上手く畳めるわけでもないのにわざわざ畳む必要があるのか? と。

 その結果がこの節の第一文。 結論を言えば、特に困ることはないし、家事の負担から少しだけ解放された気分である。

 その分、カーテンレールに洗濯物が常にぶら下がるようになった。残念な光景といえばそうなのだが、さして気になるものでもない。 どうせ、家には朝と夜にしか居ないのだし。

電球をセンサ付きのものに交換

 洗面台とトイレの電球をセンサ式のものに交換した。

 最近は便利な世の中になったもので、照明のスイッチを切り替える手間すら不要のものにしつつある。

「右手でスイッチを切り替えつつ、左手で扉を開ける」ような動作ができない片麻痺患者にとって、この手間はことさら大きい。 「常時点灯しておく」のでも良いのだけれど、電気料金的に、あるいは気分的に、消灯できる場所は消灯しておきたい。 ーーこういった我が儘も、数千円の出費で叶えられる時代である。

 便利を奉り、便利に向かって邁進する現代社会に多少の不安、気味の悪さを感じていた時期が二、三年前にはあった。 今も根っこの部分では当時と同じようなことを考えてはいる。 ただ最近は、「人よりできることの少ない自分が少しでも楽に生きられる」ことが第一の興味で、自分が少しでも楽になるものを受け入れ、試していこうという気分を持っている。

 生活のすべてを家電が見てくれる時代はまだ少し先のようだから、ひとまずはこんなふうに生活をしているという現状報告。

Chromebook Flip C100PA (US仕様) を1週間触ってみた

Chromebook Flip C100PA (US仕様) を購入し、3日程度いじってみました。なかなか面白い製品ですので、購入検討その他何らかの参考になれば良いと思い記していきます。

前提

購入

動機

  • 単純にChromebookへの興味。
  • とにかく軽いノートPC(タブレットPCではなく)が欲しい。あわよくばタッチ操作ができると良い。

今回、日本のAmazonにてUS仕様の並行輸入品を購入しました。国内版との製品仕様上の差異は下記の通りです。

  • メモリが国内版は2GBであるのに対し、US版は4GB
  • キーボードがUS仕様

キーボードはともかくとして、搭載RAM容量は大きな差異です。

日本のAmazonにおいては、並行輸入品のほうがやや安価で売られています。 米国Amazonにおいても試算したのですが、関税等含めると日本国内で買うのとほぼ変わらない価格となりました。 色々面倒になるので国内で購入した次第です。

一方、他の製品レビューにて度々指摘されていることですが、輸入製品を購入した場合、ASUSによる製品のサポートは期待できないと考えたほうが良いようです。

ファーストインプレッション

外観

製品外観はMacBookシリーズ風味です。安っぽさを感じることはありません。

大きさ比較。 左から本製品、 EeeBook X205TA (11.6inch)、 MacBook Air (13inch)。

タッチパッド

タッチパッドMacBookシリーズのそれに近いものです。スクロールは滑らかに作動します。

ただし、2点タップによる拡大縮小操作はできないようです。タップ操作は、しっかりタップしないと反応しません。 ただそれゆえに、キーボード操作時の誤タップは起こりにくいと言えそうです。

ディスプレイ

見え方

ディスプレイは10.1型、解像度1280*800のグレア液晶です。 最近のスマホタブレットとの比較において、決して高い解像度ではありません。

解像度の低さは、画像や動画を観ているぶんにはそこまで気にはなりません。 しかしブラウザ上の文字は、太めに描画されることも相まってけっこう潰れます。 ここは割り切りが必要な部分になるかと思います。

輝度はおそらく十分。調整もキー1つで行えます。 欲を言えば、OSの機能としてディスプレイの色合い調節ができるとよかったです。 最近はWindowsmacOSも夜間モードを実装しており、実際このディスプレイを見続けていると目の疲れを感じるものですから。

タッチディスプレイ

タッチディスプレイを採用しているPCを初めて触りましたが、 キーボードを叩きつつ、ディスプレイに触れて操作ができるのは思いの外気持ちが良いことを知りました。反応も非常によく、ストレスなく操作することができます。

タブレットモード・テントモード

タブレットモードやテントモードは、頻繁に使うものではないけれどこういう使い方もできる、というものだと思います。例えば下の写真のように使うこともできます。

本製品にはタブレットPCと同様に、傾き検知による画面回転機能があります。ソフトウェアキーボードも利用できます。 現状、フリック入力はできません。

ストレージ

ローカルの容量が限られているので必然的にファイルはクラウド上に配置することになります。またChromeOSは、iOSと同様にローカルのファイルが隠蔽されており、ユーザが自由に操作できないようになっています(デベロッパーモードにした場合を除く)。

Chromebookユーザには、2年間のGoogle Drive 100GB使用権が与えられますので、とりあえず太い回線があればストレージの心配はありません。

Dropbox, OneDriveもマウント可能

Chrome OSは、有志が公開しているクライアントアプリ用いることで、Dropbox, OneDrive等外部ストレージをマウントできます。私もDropbox Plusをメインのクラウドストレージとして用いています。

公式のクライアントアプリとは異なり、ローカルに同期するタイプではなくクラウド上のファイルを直接操作するタイプのクライアントアプリです。

Andoidアプリ

本製品はGoogle Play Store (ベータ版) に正式に対応しています。すなわち、本製品でAndroidアプリが動作します。

現状は、正しく動作するアプリ、一部挙動に難があるアプリ、全く動作しないアプリがストア上に混在しており、利用したいアプリがこのうちどれに属するかは、実際にインストールしてみないとわかりません。 ベータ版である以上仕方のない話ではあります。

とはいえ、異なるプラットフォームに向けて作られたアプリが(ものによっては)全く違和感なく動作するのは驚くべきことです。 例えばkindleAndroid用のアプリがほぼ完璧に動きます。特に漫画は、とても快適に読書できます。

電子書籍という括りでは、kindleだけでなくkoboも問題なく動作します。 一方、BOOK WALKERは起動すらしません。(ブラウザからWebビューで読む分には問題ありません)

このように、対応状況がまちまちなので、現状はあくまで補助的に利用するものと捉えたほうが良さそうです。

まとめ

OS、筐体ともに斬新な思想で組み上がったこのマシンを私はとても気に入っています。 現時点では発展途上のプラットフォームであることを理解して買うぶんには後悔することはあまりないと思います。

まだまだ弄り足りないので、しばらく使い続けてみます。

C92新刊簡易感想[主にごちうさ]

  随時更新します。

 今回のコミケではお金に多少余裕ができたせいか、かなり買い込んでいます(当社比)。  下で色々感想のようなものを垂れ流していますが、どの本も素敵ですと言うだけの話です。

ごちうさ

おさがりはみらいいろ/さくらパレット (しおうせゐ先生)

ココチノ制服デート。すこしだけ切なくなります。

Cocoa1000%/のーずだいぶくらぶ (ぶるぶる先生)

オールココアさんなイラスト集です。ココアさんが性的すぎる。

おでかけシャロちゃん/Rabbit Express (やさか沙彩先生)

心から楽しそうにしているシャロちゃん……良さ。

りべんじさまぁ/まいちゃん企画 with 天下御免 (Final先生)

7人それぞれの個性が輝く本。ところでシックスナインってなんですか?

にちようびのおはよう/しーぷきゃっと (茂泉しぽん先生)

読了後にタイトルを見て「そういうことか」と合点がいく本です。

チノちゃんがココアさんにデレる4コマ本/きよシコの夜 (きよ蔵先生)

チノちゃんかわいい。デレデレしているチノちゃんかわいい。大事なことです。

ご注文は二人浮輪ですか?/おなかすいた同盟 (ひまリス先生)

誰かさんの思惑でリゼ先輩と密着したままの時間を過ごすシャロちゃん。ドキドキしない訳がない。

Is the order my sister?/royalcotton (淡海音々葉先生)

コメディ主体ですが、チノちゃんが必死に奮闘する姿に、ココアさんの返答に心打たれます。

(R18) ココアママといっしょ♡/はんどぐりっぷ (nero先生)

(表紙がR18のため画像なし)

ココアさんがママです。「ココア」「ママ」です。ぜんぶの台詞が意味深です。

(R18) Mad Tea-Party/鯰の生け簀 (なまず先生)

ココアくん三冊目ですはリゼココ♂本です。こう来ましたかぁ!という感じです(小並感)。ココアくんもかわいいけどリゼさんもかわいいです。

ゆるゆり

さくひまにあ/ザ・バナナピストルズ (ファン太先生)

いちゃいちゃしやがっていいぞもっとやれ、な本です。

きんいろモザイク

陽子と綾の夏期講習(サマーレッスン)/ちぇりーりうむ (いなかみ先生)

ひょんなことから、綾が陽子のスク水(中学時代の)を着ることに。肌がスク水に……陽子の大事な場所に触れたスク水にぴったりと包まれ……。 ぐっときました。 スク水描写にたいへんに丁寧で最高です。

オリジナル

おいおい書きます

「天使の死」についてのダイアログ (ガヴリールドロップアウトSS)

「私って死ぬのかな?」
 テーブルの上で鉛筆を走らせていたヴィーネがノートから目を離す。
「……いきなり何言ってるの?」
 聞こえていなかったのならそっちのほうが良かったかもしれない。
 普段入り浸っているゲームがメンテナンスに入ってしまったゆえに暇が生じ、暇というものは余計な思考をもたらすものである。膝上に置いたラップトップは「もうしばらくお待ち下さい」と赤字で懇願を続けている。
「いやさあ、下界での生活を続けていると、今の私たちって実は人間と同じように死ぬんじゃないかと思ったんだよ」
「天使って、不死の存在じゃないの?」
「天界では確かにそうだよ。今年で五〇〇〇歳になるひいひいひいひい……まあそんな感じのおばあちゃんも居るし、この前――一三〇年前に会ったときもピチピチしてたし」
「私の方もそんなところだけど、ならどうして?」
「不死というステータスが、下界でも通用とするとは言い切れない気がするんだよ」

 雲の上、空の果て。天界はそんなところにあるものだと、人間は素朴に考えるらしい。人類の歴史上、天界なる世界(あるいは空間、地域)が観測された確かな記録が一つとして無いにもかかわらず、である。
 ならば天界はどこにあるのか。少なくとも人間が「世界」と呼び習わしている三次元空間には存在しないと言える。もう一つの次元、つまり時間でさえ同一であるか疑わしい。確かなのは、われわれ天使が「天界」と「下界」の間を自由に往来できることのみである。
 問題は、天界と下界という二つの界面を通り過ぎる前の私と後の私は同一か、という話である。
 天界の住人――とりわけ天使は、できることはできることとして、それ以上――例えばなぜ天界や天使が生まれたか、なぜ天使は下界へ行けるのか、そういった事柄を追究しない傾向にある。人間は不完全ゆえにこの世の理に疑問を差し挟むことができるが、天使は完全である。少なくとも彼ら自身がそう主張している。

「下界は天国や地獄と違って、物理法則に支配されてるじゃん」
「物理法則とか急に言い出して……何か悪いものでも食べた?」
「これくらいは天使にとっては常識。私だって優等生だったんだ」
「『だった』、ね……」
 天使たちは、彼ら自身を下界の生物より上位の存在と定義している。これには一応の理由があり、生物に共通する性質――すなわち死が存在しない、正確には死んだ前例がないことがそれに当たる。
 しかし、下界に存在するからには下界に存在しうる姿が必要である。そういうわけで私は今、ヒトの形をとっている。ラフィエルや私といった天使の人型は、物理法則を部分的に無視できることを除けば、人間とさしたる違いはない。
 天使の死、なんていうテーマは当然ながらあちらの学校では扱われない。天使は下界でも死なないのか、単に死んだことがないのか、実は死ぬけれど隠蔽されているのか、わかったものではない。
「天使が死に思いを馳せるっていうのは、なかなかお目にかかれない光景ね」
「私はヴァルハラの地で幾多の死を見届けてきた。たまにはセンチメンタルな気分にもなる」
 膝上のラップトップに目を落とす。今この瞬間にも、画面の向こうで、窓の向こうで、人間は、生き物は死に続けている。
「……意外と繊細なのね、ガヴ」
「そ、そんなんじゃないわ!」
 慌てて言い返し、「そうだ、悪魔はどうなのさ」と思いつきで問う。
「人間で言うところの死、つまり病気や老衰、事故死はありえないと教わったわ。下界――じゃなくて、この地上ではどうか知らないけど。……ただ、悪魔は天使によって滅される可能性がある」
「滅された悪魔はどうなるんだ? 復活とかするのか?」
「それはさすがに秘密。いくら友達でも、天使にそれは教えられない」とヴィーネ。
「そっか。それならいいや」
 意識していないだけで、私たち二人には、どうしたって超えられない一線があるのだろう。
「案外、あっさりと引き下がるのね」
「私は天使だ。無理に問い詰めるような真似はしない」と、もっともらしい文句を繋ぐ。
 実を言えば、どうでもよくなったのだ。

「天使と悪魔は相補的な関係にあるのです」とはいつかの授業で聞いた話で、要は人々を救済するために地獄を焼き尽くすのはルール違反という話だ。そんなことをすれば、われわれ天使は天使という名を失い、まったく無の、存在しない存在と化してしまう、らしい。今こうして思い返すと意味不明であるが、一理ある見解だとも思う。
 ヴィーネが部屋に来る前、この部屋には即席めんのカップが八個、三ツ矢サイダーの1.5Lペットボトルが十二本(いずれも空)転がっており、脱ぎ散らかしたままの下着がベッドに、床に、台所に散乱していた。魔法とかホロコスとか天使固有のなんかで衣服も生成できればよい、どうして人間様よろしく毛皮をアウトソースせねばならぬのだと私が愚痴る間に、ヴィーネはカップ麺と三ツ矢サイダーの抜け殻をごみ袋に詰め、洗濯ネットまで用いて下着をまとめ、洗濯機に放ったのであった。
 悪魔のサポートを得てはじめて私の生活は成り立っている。悪であることを規定された存在が、善であることを規定された存在に世話を焼く。神さまも意地が悪いと思う。
 それにしても――友達、か。
「なんか、ありがとう、な」
「え、何?」
「何でもないっ!」
 聞こえていなかったのならそっちのほうが良い。これに関しては、絶対。
「というかガヴ、宿題は……もちろんやってないわよね」
「わかったわかった、やるから教えてよ」
「あら、今日は『見せて』じゃないのね」
「たまには気が変わるんだ!」と言ったのは嘘ではない。
 どんなふうに変わったか……それは神のみぞ知るものとして、ここでは天に放りたい。

承認

「他の誰でもない自分」なんてものはどこにも居ないとも言えるし、すでに、誰しもが「他の誰でもない自分」を持っているとも言える。

 人は誰しも個人差あれど承認を欲している。 「他の誰でもない自分」が認められる、求められることを欲している。SNSにおける被「いいね」がセックスの快感と質的に同じものであるという。たとえばそれには自分が承認されているとか、求められていることを体感できるという共通点がありそうだ(まったくの想像でしかないが)。

 ただし実感といっても、求められているという事実が存在するとも限らない。「誰でもよかったのね」ということだ。フォロワーを身内で固めている場合は除くとして、フォロワー全員にとって自分というアカウントが「本当に求められている」ことなどありえないだろう。「承認を与えてくれるなら誰でもいい」と「コンテンツを提供してくれるなら誰でもいい」は鏡のような関係だ。相互に求めあい、しかし、唯一性はない。

 だからこそ、たとえ回線を通した関係でしかなくとも、本当に波長の合う数人は、本当に大事にするべきなのかもしれない。