オンラインでカラオケを120%楽しむ技術(後編)

はじめに

sheeta-mm.hatenablog.jp

本記事は後編です。前編の記事を先にお読みいただくことを推奨します。

前編ではSYNCROOMでカラオケをするための基本的な方法について説明しました。本記事はその応用編として、オンラインカラオケならではの楽しみ方を書いていきます。

SYNCROOMの音を配信に乗せる

SYNCROOMで歌っている様子をYouTubeニコニコ生放送で配信したいと考える方もいると思います。

この場合、配信ソフト(OBS StudioやN Air)で音声のソースとしてYamaha SYNCROOM Driver (WDM)を選びます。前回のSYNCROOMインストール時に「標準」構成でインストールしていれば、Yamaha SYNCROOM Driverが音声ソースとして選べるはずです。以下の画面はN Airを用いた場合の一例です。

f:id:sheeta38:20210111100931p:plain

ただここで問題なのは、Yamaha SYNCROOM DriverはASIOで音を出しているわけではないので、200ミリ秒~300ミリ秒程度の遅延が発生する点です。これは例えば配信にSYNCROOMの音声と別の音声(音源など)を一緒に乗せたい場合に問題となります。この場合、配信ソフトの音声設定で遅延に対応してあげる必要があります。

f:id:sheeta38:20210111101346p:plain

ボイスチェンジャーとSYNCROOMを組み合わせて使う

最近のカラオケ機にはボイスチェンジャーボイチェン)機能を持ったものが多くあり、例えば男性の声を女性的な声に変換して歌ったりできます。オンラインカラオケでもボイチェンを使ったカラオケが可能です。それも、リアルカラオケよりもはるかに高い水準のボイチェンを追求することができます。

ボイチェンの世界は非常に奥が深く、詳しく書こうとするととても一記事で収まるものではありません。ハードウェア・ソフトウェアそれぞれに実現手法がいくつもあり、合う・合わないも人それぞれです。そのためボイチェンの方法論については割愛して、本記事ではSYNCROOMとボイチェンを併せて使う方法を記します。

ハードウェアボイチェンの場合

ハードウェアボイチェンとSYNCROOMを併せて使うことはハードウェアがASIO対応であれば難しくありません。オーディオインターフェースの代用としてハードウェアボイチェンを使用し、ハードウェア上でピッチやフォルマントをいじってあげればいいだけです。遅延を気にする必要もありません。

ハードウェアボイチェンのASIO対応状況については情報がかなり限られているのでそこを見定めるのは苦労します。参考までに、人気のハードウェアボイチェンであるVT-4にはASIOドライバが提供されています。

ただし、ボイチェンカラオケの初手でVT-4を買うのは個人的にお奨めできません。価格が高騰している上VT-4特有の癖もあるので博打の要素が強くなってしまうためです。多少手間はかかりますが後述のソフトウェアボイチェンを試してみて、納得できない場合に初めて選択肢に挙げるくらいで良いと思います。

また、ハードウェアがASIO非対応であっても別途ASIO対応のオーディオインターフェースを使い、上手いこと接続してあげれば対応できる場合もあるようです。ただ、自分の環境で試したことがないので詳細は不明とさせてください。

ソフトウェアボイチェンの場合

ソフトウェアボイチェンの代表的な例として「恋声」や「バ美声」がありますが、SYNCROOMカラオケでは使えないものと思ってください。

というのも、ASIOでソフトウェアボイチェンの声をSYNCROOMに送る方法は今のところDAWからSYNCROOMをVSTモードで起動し、VSTプラグインで加工した声をSYNCROOMに送る方法しかないからです。

DAW (Digital Audio Workstation) というのは音楽制作等に使われるソフトウェアで、さまざまな方法で音を録ったり加工したりするのが仕事です。

VSTプラグイン (VST = Virtual Studio Technology) というのは「音を加工するための方法をパッケージにまとめ、さまざまなDAWで利用できるようにしたもの」という言い方ができます。(音楽制作の場面ではこの定義に入らないVSTプラグインも登場しますが、ボイチェンだけを考える場合このように理解しておけば問題ありません。)

このVSTプラグインの中にボイチェン機能を搭載したものが数多くあります。たとえば私が使用している「RoVee」はほぼ遅延なく声を変換してくれます。

f:id:sheeta38:20210110210036p:plain

ほかにもボイチェン用のVSTプラグインはありますが、遅延が気になるものも存在しており、選定はいろいろな情報を集めて試行錯誤するしかありません。

REAPERとRoVeeの導入方法

「で、具体的にどうすればいいの」という話ですが、DAWVSTプラグインも数多存在する以上ひとまとめに「これ」と言うことはできません。本記事では私が使っているDAWの「REAPER」とボイチェンVSTプラグインの「RoVee」を使う際の導入方法を軽く説明します。

REAPERは60$の有料ソフトですが、60日間の無用試用期間があります。

REAPERのダウンロード・導入

公式サイトからREAPERをダウンロード・インストールします。

www.reaper.fm

その後REAPERを起動し、メニューのOptions -> Preferencesを開き、左側の設定項目からPlug-ins -> VSTと選んでいきます。

f:id:sheeta38:20210110200211p:plain

VST plug-in paths」の中に「C:\Program Files\Common Files\VST3」の記述が含まれることを確認したらいったんREAPERを閉じます。

RoVeeのダウンロード・導入

公式サイトからRoVeeをダウンロードします。

www.g200kg.com

f:id:sheeta38:20210110201652p:plain

ダウンロードしたzipファイルの中にRoVee.dllがあることを確認したら、RoVee.dllを先ほどの「C:\Program Files\Common Files\VST3」にコピーします。これでREAPERからRoVeeを使えるようになります。

Syncroom vst bridgeの導入

SYNCROOMをダウンロードした際のzipファイルを開きます。(残っていなければ再ダウンロードしてください。)その中に「VSTPlugins」というフォルダがあるので開きます。

f:id:sheeta38:20210110202015p:plain

この中にある「syncroom_vst_bridge_x64.dll」を「C:\Program Files\Common Files\VST3」にコピーします。これでREAPERからSYNCROOMを開くことができます。

オーディオデバイスをASIOに設定

REAPERを再度開きOptions -> PreferencesのAudio -> Deviceを開きます。Audioという選択項目を「ASIO」に変更します。

f:id:sheeta38:20210110202542p:plain

大体の場合はこのままOKすれば良い感じの設定になります(エラーが起こると厄介であるともいう)。

VSTプラグインをトラックに追加

f:id:sheeta38:20210110204419p:plain

REAPERの上記部分ある「FX」という小さいボタンをクリックします。表示された画面の左下「Add」ボタンをクリックします。

表示された画面のFilterにroveeと入れると「VST: Rovee」が引っかかりますのでこれを選択してAddします。同じようにFilterにsyncroomと入れて、「VST: Syncroom vst bridge」をAddします。すると自動的にSYNCROOMがVSTモードで開きます。(画面右上に「VST連携中」と表示されます。)

f:id:sheeta38:20210110205853p:plain

ここまでの手順でとりあえずソフトウェアボイチェンの声をSYNCROOMに送ることができるようになります。RoVeeの設定画面でピッチやフォルマントをいじって良い声になるように調整しましょう。

詳細な部分をかなり端折りましたので、本手順でエラーが起こった際などはエラーメッセージで検索をかけるなどの対応をお願いします。また、公式のマニュアルが詳細に触れているので、一度目を通しておくと良いでしょう。

syncroom.yamaha.com

VRとSYNCROOMを組み合わせて使う

はじめに言わせていただくと、VRとSYNCROOMの相性は抜群に良いです。SYNCROOMでお互いに接続しながらVRコミュニケーションツールでお互いが同じ空間に入れば、そこはもうカラオケルームです。ここでいう「VRコミュニケーションツール」は、VRChatまたはバーチャルキャストを指すものと思っていただければ良いです。(clusterでもたぶん同じことができますが、自分で試したことはないです。)

VRChatやバーチャルキャストといったVRコミュニケーションツールでも、音声チャットの部分だけを見ればDiscordなどの一般的なチャットツールと違いありません。すなわち、多少の遅延が起こるということです。VRコミュニケーションツールで標準提供されている音声チャット機能を無効にして、音声はSYNCROOMでやり取りするようにすれば、この問題は解消されます。

ただしこの場合、あらかじめSYNCROOMで接続した人同士でしか会話ができなくなりますのでご注意ください。(VRChatで知らない人がjoinしてきた場合や、バーチャルキャストで予期しない人が凸してきた場合に対応できないということです。)

バーチャルキャストでSYNCROOMカラオケ企画を実施されている方がいますので、そういった企画に参加してみると良いでしょう。

f:id:sheeta38:20210110210941p:plain

おわりに

本記事では前回より応用的なSYNCROOMの使い方を説明しました。私は本記事で紹介した3手法を同時に使っていたりするので、応用的というより変態的と言っていいかもしれません。

本記事で紹介した使い方はどれも、手順が一筋縄ではいかないという欠点がありますが、それを上回る分の楽しさを見出だせるものだと思っています。ぜひオンラインカラオケの世界に足を踏み入れていただきたいと思います。

私は「Vキャスカラオケ部」というDiscordサーバに参加しています。ここでは、バーチャルキャスト使用者を主な対象とし、オンラインカラオケを楽しむために活発な情報交換が行われています。ぜひ興味が向いたら参加いただきたいと思います。

オンラインでカラオケを120%楽しむ技術(前編)

はじめに

あけましておめでとうございます。

あっという間に2021年になりましたが、コロナ禍は収まる気配を見せることもなく拡大の一途をたどっています。この状況下で注目を浴びているのがZoomをはじめとするオンラインチャットツールです。昨年、オンラインチャットツールが一気に広まった結果、オンラインでの飲み会や会議といった使われ方がすでに一般的になっています。

音声(と映像)を伝送できれば、オンラインでできることは意外に沢山あることに気付かされたのが昨年でした。その中でカラオケをやろうとして上手くいかなかった人もいるかもしれません。これにはちゃんとした理由があり、音声の伝送は常に遅延と隣り合わせであるためです。

一般的なチャットツールの欠点

ZoomやDiscordといった一般的なチャットツールだけでもカラオケは不可能ではありません。簡易的に楽しむだけなら一般的なチャットツールだけで問題ない場合もあります。その一方、2人以上で同時に歌ったり、デュエットをしたりしたい場合に必ず問題になってくるのが遅延です。自分の声が相手に届くまでに、場合によっては1秒程度の遅れが生じます。こうなると、2人以上で同時に歌ったり、デュエットをしたりすることは困難です。

そこで本記事では、できるだけこの遅延を抑えて、オンラインでもリアルに近い水準のカラオケを楽しむための方法について記載します。

必要なもの

  1. PC
  2. ある程度強いインターネット回線
  3. ASIO対応のオーディオインターフェース
  4. オーディオインターフェースに接続するマイク
  5. イヤホンまたはヘッドホン
  6. SYNCROOM

上記のものを、カラオケに参加する人全員がそろえる必要があります。以下詳しく説明していきます。

1.PC

本記事ではWindowsPCを想定しています。Macでも本記事の内容をある程度参考にできるかもしれません。

2. ある程度強いインターネット回線

ここからハードルが上がってきます。光回線であればベストです。リンク先のサイトで良い結果が得られるかどうか確認すると良いでしょう。スマホテザリング等では厳しいと思われます。

3. ASIO対応のオーディオインターフェース

オーディオインターフェースDTM(音楽制作)の現場などでは必須のハードウェアですが、一般的にはあまり馴染みのないものかと思います。ざっくり言えば「PCで音を専門的に扱う人が用いる機械」です。

オーディオインターフェースは価格帯も形状もさまざまで、選定にはある程度迷う必要があるかと思います。ただ、必ずASIOという規格に対応しているものを選んでください。

私もあまり詳しくないので選び方については他の情報を参照していただきたいと思います。またASIOも説明すると非常に難しいのですが、そういう規格があると知っていれば何とかなります。以下のページ等が参考になるでしょう。

music-thcreate.com

私は以下のオーディオインターフェースを使用しています。VT-4などのボイスチェンジャーがあれば、それで代用できる場合があります。

4. オーディオインターフェースに接続するマイク

カラオケですから当然マイクが必要になるのですが、このマイクはオーディオインターフェースに接続できる端子を持ったものである必要があります。この時点で、USBでPCに直接接続するタイプのマイクは使用できないことになります。(無理やり使う方法はあるみたいですがとりあえず考えない方向で。)一般的にはXLRという規格の端子を持ったマイクであれば問題ありません。

マイクにもさまざまな種類があるので調べてみると面白いかと思います。私は以下2つのマイクを場合により使い分けています。

5. イヤホンまたはヘッドホン

音を聞くための機器として、イヤホンまたはヘッドホンが必須です。スピーカーで音を鳴らしてしまうと、鳴らした音をマイクが拾ってしまうためです。基本的にはBluetooth接続の製品ではなく有線接続の製品を使用します。

6. SYNCROOM

syncroom.yamaha.com

SYNCROOMはヤマハが提供するオンラインセッション用ソフトウェアで、無料でダウンロードおよび使用が可能です。

SYNCROOMはもともとは演奏等を含めたオンラインセッションを想定して作られたソフトウェアですが、非常に低遅延で音声を送ることができるのでカラオケ用途にも適しています。ZoomやDiscordで音声チャットをする代わりにSYNCROOMで相手方と自分をつなぐイメージです。

準備

以下の準備をカラオケ参加者全員が行う必要があります。

オーディオインターフェース用のドライバをインストール

ASIO対応のオーディオインターフェースであれば基本的に専用のドライバが存在しているため、それをインストールします。最近の製品ではCD等が付属せず、Webからドライバをダウンロードして使用するのが一般的でしょう。

オーディオインターフェース、マイク、イヤホン/ヘッドホンの接続

次の接続を行います。

ここで注意が必要なのは、イヤホン/ヘッドホンはPCのイヤホン差込口ではなくオーディオインターフェースのイヤホン差込口に差さなければいけない点です。私が初めてオーディオインターフェース(正確にはVT-4)を触ったときにここを勘違いして多くの時間を無駄にしました。

またオーディオインターフェースのイヤホン差込口は一般的な差込口である3.5mmミニプラグではなく、プロ用途で使われる6.3mm標準プラグである場合もあります。こうした場合、変換プラグが必要になります。

SYNCROOMのインストール

syncroom.yamaha.com

インストールは上記マニュアルの手順に従うのみなので特に難しいことはありません。「インストールの種類」は今後SYNCROOMを活用していく上で「標準」を選んでおくことを推奨します。(本記事の内容だけであればどちらを選んでも問題ありません。)

SYNCROOMの起動、セットアップ

ここがマニュアルでは詳しく触れられていない場所です。基本的には画面の手順に従うのみなのですが、若干つまづきポイントもあるので説明していきます。

オーディオデバイスの設定

f:id:sheeta38:20210106130138p:plain

手順の通りドライバをインストールしオーディオインターフェースをPCに接続していれば、上記のような画面が表示されます。この画面にならない場合、手順を失敗している可能性があります。

入力の設定

f:id:sheeta38:20210106130533p:plain

上記画面は基本的にはいじらなくて大丈夫です。ただし、入力テストボタンを押して声を発してもメーターが反応しない場合、マイクに電源(ファンタム電源)が供給されていない可能性があります。オーディオインターフェースのマニュアルを見れば、どこかにファンタム電源の供給の仕方について記載があるはずです。

f:id:sheeta38:20210106130704p:plain

上記画面は、自分が発した声をイヤホン/ヘッドホンで聞くかどうかの設定画面です。VT-4などのボイスチェンジャーを使用する場合「モニタリングしない」を選択します。

接続テストルームに入り音の聞こえ方をチェック

f:id:sheeta38:20210106131626p:plain

セットアップが終わりメイン画面に戻ったら、画面上部の「ルーム一覧」ボタンをクリックします。表示されたページの一番下に「接続テストルーム」がありますので「ルームに入る」ボタンをクリックすると、以下のような画面になります。

f:id:sheeta38:20210106132242p:plain

ここでマイクに向かって声を発してください。その声が3秒後にイヤホンから戻ってくるようなら設定は成功しています。設定がうまくいっていない場合、声が何重にも重なって聞こえたりする場合があります。その際は、設定画面から「入力チャンネル」「出力チャンネル」をいじってみてください。

いざセッション

syncroom.yamaha.com

お疲れさまでした。ここまでの準備ができてようやく超低遅延カラオケが楽しめます。ここから先の手順はSYNCROOMのマニュアルを参照いただきたく思いますがあと一点だけ。

音源を流しながらカラオケをしたい場合、画面左の「オーディオプレイヤー」から音楽ファイル(MP3、WAV、WMA)を選択して再生します。

f:id:sheeta38:20210106133730p:plain

おわりに

本記事はSYNCROOMで超低遅延カラオケをするための基本的な手順を説明しました。前編と題したとおり、後編の記事も書く予定です。後編ではVRと併せて用いる方法など、よりオンラインカラオケを楽しむためのSYNCROOMの活用法について説明したいと思います。

18年前のトランスアルバムを聴いている話

はじめに

最近、私が僭越ながら参加させていただいた「楽曲オタクAdvent Calendar 2020」の記事を読ませていただいております。このアドベントカレンダーを見ていると、私の知らない音楽はまだ無限にあるんだなと、ある種の感動と途方のなさ(悪い意味ではなく)を感じます。皆さんも覗いてみると新たな発見があると思います。

adventar.org

本題

Psychedelic IBIZA

私が最近入手し、何度か聴き返しているアルバムがあります。2002年に発売された『Psychedelic IBIZA』です。

Psychedelic IBIZA

Psychedelic IBIZA

このアルバムはとりあえずのところ、I'veがプロデュースしたサイケデリックトランス・ゴアトランスのアルバムであるくらいの情報しかありません。 参考までにCDのオビの文章を引用すると次の通りです。

CURE TRANCE SERIES CHAPTER THREE
I've PRODUCE WITH SHIVA SPACE TECHNOLOGY
ゴアトランスの第一人者であるヨークが今回のIBIZAに参加
本当の陶酔の意味が……
世界的瞑想音楽集大成

なかなかよくわからない感じですが、I'veがプロデュースしたこと、SHIVA SPACE TECHNOLOGYというグループ(?)およびヨークという人物が関わっていることは情報として入ってきます。

I've Soundについては前回の記事で語り尽くしたので、事前情報としてお読みいただけると幸いです。長いけど。

sheeta-mm.hatenablog.jp

I'veが歌モノだけでなくサイケデリックトランスなどを手掛けていることは前回の記事で触れたとおりですが、このアルバムの場合、I'veのコンポーザーではない外部からのクリエイターも参加しているということが特徴的です。事前知識がなくても、いわゆる「歌モノ」の世界とはかなり離れた界隈のクリエイターを呼んでいることは何となく察しがつくでしょう。

トラックリスト

  1. IBIZA With Hard Stuff
  2. Little by little
  3. Shivanauten - From beyond
  4. Analog dream - Euphemistic Visions
  5. Unstop
  6. WALK TO LIGHT
  7. Natural Distribution
  8. EQUILIBRIUM
  9. Invisible Earth

このうちトラック1とトラック5は高瀬一矢中沢伴行のユニットであるHARD STUFF、トラック9はI'veの元コンポーザーであるFish tone(=中坪淳彦)が手掛けた楽曲で、それ以外は外部のクリエイターの楽曲です。

文章で説明するだけではなかなか捉えにくい話題だと思いますので、トラック3に収録の「Shivanauten - From Beyond」を聴いてもらおうと思います。動画の説明等を見ると、今回紹介する『Psychedelic IBIZA』とは別のアルバムにも収録されているようです。(日本では流通していない?)

9分にわたる長さの楽曲ですが、私たちがふだん耳にしているJ-Popやアニソンからはかなり離れた音楽世界であることはお分かりいただけるかと思います。ただ、何となく「いい感じ」がするのは私だけではないはずです。

9分という時間の中でさまざまに変化していく音の多様さと、その繋がりのシームレスさが私にはどうしようもなく「楽しいもの」に思えてくるのです。音楽を語る語彙をあまり持っていないのでざっくりとした感想になってしまいますが、今回このアルバムを取り上げるに至った経緯がお分かりいただけたなら幸いです。

I've外のクリエイターについて――SHIVA SPACE TECHNOLOGYとDJヨーク

I've外の参加クリエイターについて私は全く馴染みがなかったので、軽くググった内容を記載します。

www.discogs.com

German Goa Trance label, started in 1998 by DJ Jörg AKA Shiva. Shiva Space Technology moved to Norway around 2006 and was then run by Andreas Kuchenbauer. DJ Jörg moved to Japan, and is now living in Ibiza.

ざっくり訳すると、ドイツのゴアトランスレーベルだそうです。そしてこのレーベルの主宰として出てくるのがDJ Jörg、すなわちアルバムのオビに記載されていた「ヨーク」です。ヨークは日本に移住し、今(いつ?)はイビザに住んでいるそうです。イビザというのはスペインのイビザ島を指すものと思われます。

ja.wikipedia.org

自分の知識およびサーチ力ではここまでの説明が限界です。詳しくはWebで!

おわりに――知らない音楽の世界

結局この記事で言いたかったのは、世の中にはまだまだ知らない音楽の世界があるんだなぁ(小並感)ということです。今回紹介した『Psychedelic IBIZA』では「I've Sound」を接点として、自分にとって馴染みの薄かった音楽世界に片足を突っ込んだことになります。世の中には無数の音楽があって、その音楽に出会う場面は意外なところにあったりするものです。

はじめに触れた「楽曲オタクAdvent Calendar 2020」などは特に、参加者それぞれが自分の好きな音楽について語っていますので、知らない音楽の世界に飛び込むためのジャンプ台として多分な役割を果たしてくれるものと思います。

これからも、良い音楽との出会いを楽しみたいものです。

末筆ですが、サイケデリックトランス・ゴアトランスについては以下の記事が詳しいです。

psytrance101.hatenablog.com

終わりだよー。